火災保険で軒樋工事が可能!

日本建宅では自然災害で受けられた被害に関しては、完全自己負担なく修理修繕が可能になっております。また、近年の台風被害で火災保険会社に一度も申請されていない方、または申請方法がわからない方は日本建宅で行なっている無料調査をぜひ一度利用してみてください。

お問い合わせはこちら

また日本建宅では、
外装のリフォームだけでなく、内装リフォームも行なっております。

クロス、壁紙の張り替え、塗替えや
床、フローリング張り替え
水回りなど、その他内装に関わるリフォームはすべて御任せください!!!

「自然災害の被害かどうかわからない」というお客様も沢山おられると思いますが、
その点に関しましては弊社日本建宅では直近の自然災害を把握させて頂いているので、
弊社が行っている無料調査をさせて頂きましていつの自然災害で起きた被害か
それとも経年劣化などで起きた被害かの総合的なご判断させて頂きますのでご安心ください!!!

本日は2018年京都市内で起きた台風の影響で被害を受けたご自宅を火災保険を活用して自己負担なし工事を致しました!

本日は、京都市内にお住みのA様邸の工事の初日が始まりましたので、
どういった経緯で被害を受けたのかそこから掘り下げて共有していきたいと思います。
2018年に起きた台風で隣の家の屋根が飛んできてご自宅の屋根が破損して被害が出てしまいました。
そういった経緯があって一度見てもらいたいとのご相談を受け、現地調査をさせて頂きました。
現地調査をさせて頂くと、まず2階の軒樋が曲がって取れかかっていました。そういった状態でしたので、
当然集水器まで雨水が行くことがなかなか難しい軒樋になってしまいました!!
屋根も飛んできた拍子に破損していました。ルーフィングと呼ばれる防水シートにも
被害があり、防水力の低下がありました。なので、ルーフィングからやり直し、
カラーベストの葺き替えが必要でした。

こういった台風の被害は火災保険の適用範囲内であります。
申請についてはこちらの記事を参照して見てください!

本日は、軒樋の撤去から始まりました。撤去後に、金具の取り外しを行いました。
今後は金具の本数を増やし強度を高めつつ、集水器に雨水を流すために高低差をつける
施工が必要になるので順次やっていきます。
屋根工事も順次進めて参ります!!!

屋根や雨樋、外壁の無料修繕工事

本当に屋根や雨樋、外壁部分を自己負担なく修繕できるのか?
疑問に思っているとは思いますが、今まで火災保険に加入しており、
一度も申請されてないのであれば是非一度ご相談ください!

お客様一人一人に専門のスタッフがお付きします。