2019年台風19号被害、2018年積雪被害を受けた被害を自己負担なく工事できます

日本建宅では自然災害で受けられた被害に関しては、完全自己負担なく修理修繕が可能になっております。
滋賀県・京都府はじめとする近畿エリアにお住いの方で、台風被害で火災保険会社に一度も申請されていない方、または申請方法がわからない方は
日本建宅で行なっている無料調査をぜひ一度利用してみてください。

自然災害の影響でご自宅に被害が出た時に火災保険で自己負担なく工事がしたいときのポイントのおさらい

1.まずはご加入されている火災保険の証書を確認。
➡ご加入されている火災保険の証書を確認すると自然災害での台風被害、積雪被害、水災被害、
などが火災保険で補償がされるかの記入事項がございますのでそこの確認が必要です。
※火災保険屋さんによってはこの補償がされない場合がございますのでご注意が必要です。

2.被害がいつ起きたのかの確認。
➡基本的には被害を受けてから3年までの被害でないと火災保険屋さんから
の補償を受けることは出来ません。「そんなのいつ受けたか覚えていない」
というお客様も沢山おられると思いますが、その点に関しましては弊社日本建宅では
直近の自然災害を全て把握させて頂いているので、弊社が行っている無料調査をさせて頂きまして
いつの自然災害で起きた被害かそれとも経年劣化などで起きた被害かの総合的なご判断させて
頂きますのでご安心ください。
※自然災害の被害への補償が出るかの最終判断はご加入されている火災保険屋さんが
行うのでまずは申請することをオススメします。

3.被害写真と損害に対しての見積もり
➡申請をするにはこの二つをご用意する必要がございます。この二つに関しては本当に分かりやすい写真と
補償請求する為の見積もりが必要になります。
弊社日本建宅ではこの二つは責任をもってご用意させてもらいますのでご安心ください。

本日のまとめ

火災保険を活用した完全自己負担なし工事を京都、滋賀県を中心にさせていただいています。
そして、これからも自然災害の被害は突然襲ってきて家の被害がいつ起こるか分かりません。
その被害を受けた方々の一番近くで弊社日本建宅は寄り添いたいと思っています。

屋根や雨樋、外壁の無料修繕工事

本当に屋根や雨樋、外壁部分を自己負担なく修繕できるのか?
疑問に思っているとは思いますが、今まで火災保険に加入しており、
一度も申請されてないのであれば是非一度ご相談ください!

お客様一人一人に専門のスタッフがお付きします。
些細なことでもなんでもご相談ください。