外壁・塗装工事

家屋の外観を美しく

外壁は、年中雨や風、紫外線の影響を受けるため屋根と同じく非常に劣化しやすい部分です。
日本建宅では、外壁に対し「見た目」だけの工事にならず、しっかりと「機能面」での要素を重点に置き家主様に最適な外壁・塗装工事をご提案致します。

大切な部分なのに以外にほったらかしにされる外壁

「外壁工事って必要ですか?」と、お伺いしたお客様によく聞かれます。確かに外壁少しの割れなどでは補修はしていられないですし、そのままにしているお家も沢山あります。

外壁にヒビがあるぐらいで、すぐさま甚大な被害に繋がるのかと言われればほとんどの場合がNOです。

しかし外壁のメンテナンスやリフォームは住宅にとっては絶対に欠かせません。

外壁の一番の役目は防水です

外壁の一番の目的は「水から家を守る事」です。水は木は勿論ですが、鉄骨など家づくりに使用されている素材全てを劣化させてしまいます。
つまり小さなヒビだからほおっておいても大丈夫。と安心していると、そのひび割れた部分が雨に晒される場所だとすれば、要注意です。

目に見えるヒビなら、劣化の具合は把握できますが、ヒビの中の劣化は把握できず、気付いた時には甚大な損傷に・・・という事も珍しくないです。

メンテナンスしなくて良い塗料は存在しない

外壁の塗料には丈夫なものはありますが、メンテナンスをしなくて良い塗料は存在しません。
必ずメンテナンスが必要です。

最適なメンテナンス期間は7年と言われていますが、最低でも10年に1度は外壁のメンテナンスを行う様に心掛けてください。

災害によって外壁に損傷が出た場合

近年度重なる災害で甚大な被害が出ている家屋があとをたちません。

実は災害によって家屋に損傷が発生した場合、火災保険や地域の助成金が適用されるのはご存知でしょうか??

日本建宅では、保険金や助成金をご利用になられてのお客様の施工事例も非常に多いので、保険金の申請や災害助成金の申請方法のサポートもさせて頂く事が可能です。

家主様のご負担”0円”での工事が可能になる場合も非常に多いので是非1度お気軽にご相談のご連絡を下さい。