知ってましたか?

風や雪などによって受けてしまった家屋へのダメージ、実は火災保険を適用する事でお見舞金を受け取る事が可能です!

保険金で負担

“0円”

受け取ったお見舞金を使って、自己負担なしで被害を受けてしまった箇所を
修繕する事が可能になっており、本当の意味でお客様負担なしでのリフォームが可能です!

保険金払い損?

火災保険はしっかり使わないと、無駄に払っている事になっちゃいます・・・

この災害の多い日本では、実は自然災害による家屋の破損などの被害は80%のお住まいで発見されています。

被害例

下記の例はほんの一例です。
災害は多くの被害を家屋に与えています。

瓦屋根

スレート屋根

雨樋

カーポート

漆喰

瓦屋根

保険金で直せます!

その家屋の破損、自然災害が原因であると判明すれば火災保険を使って保険金を受け取れます。
勿論、自然災害が原因であると理由づける調査なども弊社が的確に行います。

全てお任せ!

弊社は工務店として関西全域で活動しております。
火災保険の申請サポートは勿論、本業である家屋のリフォーム工事まで全て弊社にてワンストップでのご提供が可能です。

施工例

外壁工事、内装工事、屋根瓦工事など様々なリフォーム工事にご対応が可能です。

工事の流れ

①無料調査のお申し込み

フリーダイヤル、メールなどにて、まずはお気軽にご連絡下さい。担当のスタッフよりお客様の家屋の状況など伺います。

"
②現地調査

担当のスタッフより実際にお客様宅へ伺い、家屋の状況を調査させて頂きます。

調査などによる費用は絶対に発生しません。

"
③保険申請書類の作成

調査によって被害が確認された場合は、お客様の意向を元に保険申請書類を作成させて頂きます。

必要な図面などの作成も全て弊社にて作成が可能です。

"
④保険申請

申請内容を確認いただき、実際に保険会社へ保険申請を行います。

その際も申請後の流れや注意事項などのご説明をさせて頂きます。費用は発生しません。

"
⑤保険会社による調査(弊社立会い)

保険を申請することにより、実際に保険会社の鑑定人がお客様の保険該当家屋へ調査に来られます。

この際も弊社は立会いサポートを行います。

"
⑥火災保険金の受け取り

保険会社に申請が認められる事で、お客様の元へ保険金の振込がされます。

支払い明細書、決定通知書の確認をさせて頂きます。

保険会社にもよりますが災害認定後、2週間から1ヶ月でお客様へ着金します。

"
⑦保険適用工事着手

お客様とどのような修繕を行うかしっかりとご相談させて頂き、実際に修繕工事を行わせて頂きます。

お客様の見えない屋根や、雨樋などはしっかりと写真などで施工前、施工後の確認をして頂きます。

よくあるご質問

Q. そもそも火災以外に火災保険が適用できるのか

→  実は火災保険は、火災だけでなく、風災 雪災 雹災 落雷 などの自然災害に保険の適用が可能です。

Q. 前にも申請したけど2回目でも申請できるのか

→ 火災保険は一度申請しても、また自然災害が起きて損害が出た場合は何度でも申請可能です。

Q. ほんとに目に見える被害がなくても保険がおりるのか

→  ご自身で見て確認し、一見被害が無いようにみえても、屋根や細かな部分に自然災害の被害が出ている場合が60%以上です。弊社では専門のスタッフが細部まで確認いたします。
少しでも気になる方は一度ご相談下さい!

Q. 1〜2年前の自然災害で損害を受けたけど保険は適用できるのか

→  3年以内であれば申請可能です。是非一度ご相談ください。

Q. 保険を使用することによって保険料が高くなることはないのか

→  保険を使用することによって、月々の保険料が上がることは原則ありません。

Q. 本当に手出し金なく工事は可能なのか

→  弊社では保険金が降りた範囲内で見積もりを作成し、工事をさせて頂いております。
なので特別に申し出がある場合以外は自己負担なしなのでご安心ください

Q. いつの自然災害か覚えていないけど大丈夫なのか

→  大丈夫です。自然災害がいつ起きたかは日本建宅では全て把握してますのでご安心ください。

Q. 申請の方法はどうするのか

→  申請に関してはお客様個人で行うと申請が認められない場合もございます。
ですので申請のプロである日本建宅にすべてお任せください。

お気軽にお問い合わせください

☎︎0120-222-609

土曜日/日曜日の休業日を除く、月曜〜金曜日の10:00 〜 19:00 までお電話のご対応が可能です。

些細なことでもお気軽にお電話ください!

メールでお問い合わせ

メールからのお問い合わせも承っております。

メールを確認後担当者よりお電話もしくわメールにてご連絡させて頂きます。