滋賀県守山市周辺 軒樋修理・修繕工事 火災保険適用工事

日本建宅では自然災害で受けられた被害に関しては、完全自己負担なく修理修繕が可能になっております
滋賀県守山市周辺にお住いの方で、台風被害で火災保険会社に一度も申請されていない方、または申請方法がわからない方は
日本建宅で行なっている無料調査をぜひ一度利用してみてください。
まずは無料相談から

F様邸屋根工事状況

昨日に引き続き、滋賀県守山市のF様邸の工事状況をお伝えさせてもらいます。
本日は2018年の台風21号の影響で大きく被害を受けた屋根部分の工事をさせてもらいました。

緊急 台風21号被害は火災保険で修理

台風21号は滋賀県守山市にも大きな被害をもたらした自然災害の一つです。その影響を受けてしまい、滋賀県守山市のF様邸の屋根(トタン、瓦、波板、)は外れてしまい、雨漏りであったり、屋根の破片がご近所さんに飛んでしまうなど大変大きな被害を受けられたお家です。
昨日の記事でもご紹介させてもらいましたが、守山市のF様邸は台風21号の被害で雨樋、屋根、雨漏りと沢山の被害を受けておられて凄く悩んでおられました。
で、今回日本建宅がお客様にお配りしているチラシを見て頂いてご依頼を頂きました。守山市のF様は火災保険で2018年の台風21号だからもう補償されないのではないのと思っていらっしゃいました。ですが、実際に日本建宅の方で申請のサポート、プランの確認などをさせて頂き火災保険屋さんに申請すると何と、319万円程の補償をお受け取りしていただくことができました!!
守山市のF様も凄く喜んで頂いています。
で、現在火災保険の補償319万の補修工事を進めています。

火災保険の対象被害写真

これが2018年の台風21号で被害を受けた滋賀県守山市のF様邸の被害写真です。

多分、この写真を見てもらうとこれくらいの被害でも319万も本当に降りたの?思う方がたくさんいらっしゃると思います。

では実際どれくらい補償されるのかのポイントはいったいどうゆうことがあるのか。

それは火災保険屋が定める自然災害で受けた被害の状況とお客様がご加入されているプランで全てが決まります。これを理解しているか、していないかで補償される額であったり、最悪の場合補償されず貰えないという事が起きます。

日本建宅の方ではこの事をしかっりと理解した専門のスタッフが完全サポートさせて貰えるのでご安心してご依頼ください。

まとめ

今回は実際に火災保険屋さんから補償された金額と、補償してもらう為のポイントを簡単にご説明させてもらいました。
今後もお客様の声であったり実際に補償された額もわかりやすくご説明させてもらうのでよろしくお願いします。