近年の積雪被害を受けた被害を自己負担なく工事できます

日本建宅では自然災害で受けられた被害に関しては、完全自己負担なく修理修繕が可能になっております。また、近年の台風被害で火災保険会社に一度も申請されていない方、または申請方法がわからない方は日本建宅で行なっている,無料調査をぜひ一度利用してみてください。

福井県の積雪の影響で起きた住宅被害に関して、日本建宅に火災保険を活用した自己負担なし工事のご依頼多数発生中!!

最近自然災害で起きる被害は猛威を振るい今も尚、全国で沢山の住宅被害をもたらしています。その中で、今回は今弊社日本建宅に多数のご依頼を頂いている、積雪の影響で起きた住宅被害に関して火災保険を活用した自己負担なしの工事についてご紹介させて頂きます。

1.積雪の被害でも火災保険の活用はできるのか?

前回、2018年の台風21号の被害でも火災保険を活用して、自己負担のない工事ができるというのご紹介させて頂きました。そして、今回は積雪の影響で起きた住宅被害に関して台風と同様に火災保険の活用は出来るのかという事ですが、これは火災保険の制度としてしっかりと補償されます。(お客様がご加入されている保険のプランにもよる)
なので、基本的には積雪の被害を住宅に受けておられて火災保険にご加入されている方はまずは弊社日本建宅の無料調査をご利用ください。

福井県では2018年度に大きな積雪がきており、
その積雪によりご自宅の雨樋が変形した、雨樋から水が漏れている、瓦が雪の重みに耐えれずにずれてきているなどの被害を受けた方が多数おります。

現在も雨樋が変形していたり、屋根に被害が出ている方が多数おられます。
もしまだ申請がお済みでない方は、ぜひ一度無料相談からお問い合わせください

2.まとめ
福井県の積雪の被害に関しては今も尚、ご依頼を頂いて火災保険を活用して自己負担なく工事をさせて頂いています。
住宅の被害例でもご紹介させてもらった通り、火災保険を活用をする事がお客様の判断で難しいと思われている方がおられるのですが、
弊社日本建宅に一度ご相談いただいて状況などもしっかりと判断させてもらうと意外と火災保険を活用できるケースもございますのでまずはお気軽に無料相談のご連絡の方を頂ければと思います。