梅雨入りしました。雨漏り、水漏れ大丈夫ですか


昨日から全国的に梅雨入りになりましたね!
梅雨は降水量がとても多く、
天井から水が漏れてきたり、雨樋からの水漏れが起こったりとよくお問い合わせいただく時期になります。

基本的に雨漏りは、
屋根材の経年劣化、屋根のひび割れ、瓦屋根のズレ、板金の浮きが主な原因です。

屋根材の寿命は屋根材ごとに異なります。
古くなったコロニアル屋根の場合、水を吸収し湿潤状態になり、最終的に水を通すようになります。

そのほか、災害の影響などで屋根にヒビやが生じるケースがあります。その部分から雨水が侵入します。

※板金の浮きからも水が侵入する場合がございます。

雨漏りの原因は軽度のものから重度のものへと様々です。
そして、原因によってや対策は変わります。

また、雨漏りが進行すると、木部や金属部まで腐食が進み、カビやシロアリが発生する危険性もあります。
中には放って置くと二次災害が発生し、住宅の寿命を縮めてしまう可能性があります。
そういった事態を防ぐために、まずは雨漏りの原因と対処方法について知り、どうすればいいのかを理解しておくことが大事です。

雨漏りも火災保険の対象になる可能性があります

雨漏りの原因が自然災害の影響であれば自己負担金なく、雨漏りの修理が可能です。

日本建宅では自然災害で受けられた被害に関しては、完全自己負担なく修理修繕が可能になっております。
滋賀県守山市周辺にお住いの方で、台風被害で火災保険会社に一度も申請されていない方、または申請方法がわからない方は
日本建宅で行なっている無料調査をぜひ一度利用してみてください。