2018年の積雪被害を受けた被害を自己負担なく工事できます

日本建宅では自然災害で受けられた被害に関しては、完全自己負担なく修理修繕が可能になっております。
滋賀県守山市にお住いの方で、台風被害で火災保険会社に一度も申請されていない方、または申請方法がわからない方は
日本建宅で行なっている無料調査をぜひ一度利用してみてください。

彦根市 積雪被害 火災保険工事 間もなく開始!!

滋賀県彦根市のH様邸の火災保険工事が間もなく始まりそうですので今回は彦根市のH様邸と同じような被害を受けておられる方に参考にしていただけるように、分かりやすく火災保険工事のポイントと、彦根市H様邸の被害の状況をご紹介させて頂きます。 

彦根市H様邸被害状況


雨樋が雪の影響で歪みが出てきています。これにより雨水が漏れて外壁などにも飛び散り汚れなども目立ってきていました。
雨樋自体にも黒ずみが出てきて劣化が始まっています。


すこし離れた場所から撮った写真なのですが明らかに開きが出てきてしまっています。
下にベランダがあるのがわかると思うのですが、雨樋が開いてしまい機能していないのでベランダに雨水が漏れてしまい洗濯物などが干せない状態になっておられるみたいです。


この写真は弊社日本建宅が行っている無料調査の風景を撮った写真になっています。この様に梯子を屋根の方に掛けさせていただきまして、屋根、雨樋などに自然災害の被害を受けていないのかの調査30~1時間ぐらいさせていただいております。


この写真の奥の方の雨樋見て頂きたいのですが雨樋下が黒ずみが見受けられます。この状態は雨樋に歪みが出てきているサインです。雨樋が歪み流れなくてはいけない集水器に流れず、歪んできている部分一か所に雨水が溜まり腐敗が始まってきているという事です。
 

このぐらいの被害でも火災保険の補償されて自己負担なく工事できるの?

今回の彦根市のH様邸はこの被害で

雨樋修繕部分の工事代金の全額が補償されました。

ポイント

1.まずは無料調査を受けてみて損害があるか、どれぐらいの損害を受けているのかの確認。
2.火災保険屋さんに被害に対しての補償がされるかの確認。
→この二つのポイントを大事にしてみてください。火災保険で工事するうえで難しい部分であったり、もう少し知識を知っていればもう少し補償される場合などもございますので、弊社日本建宅ではお客様に喜んで頂けるように専門知識が豊富なスタッフ丁寧にご対応させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

無料相談