2019年台風19号被害、2018年積雪被害を受けた被害を自己負担なく工事できます

日本建宅では自然災害で受けられた被害に関しては、完全自己負担なく修理修繕が可能になっております。
滋賀県東近江市能登川付近にお住いの方で、台風被害で火災保険会社に一度も申請されていない方、または申請方法がわからない方は
日本建宅で行なっている無料調査をぜひ一度利用してみてください。

本日の活動〜東近江市能登川付近での軒樋修理・修繕工事〜

本日は2019年に起こった台風19号の影響で軒樋、屋根に被害が出たK様邸の修理・修繕工事でした。
以前に、K様から軒樋が開いて、軒樋の機能を果たしていないのでどうにかならないかという、
ご依頼を頂き現地調査をさせて頂きました。調査させて頂くと、滋賀県東近江市能登川付近 台風被害写真
写真のように、軒樋が完全に開いていました。
これでは、外壁、1階の屋根に雨水が必要以上に流れ込み、2次被害の恐れがある非常に危険な状態の軒樋でした。
この地域では、台風19号の被害があった地域でもありました。自然災害の影響でしたので、火災保険の対象内ということもあり、
火災保険を用いての自己負担なしの工事が可能であれば、やってほしいとのご依頼をいただきました。
火災保険屋さんから被害の対象と認められ、工事をさせて頂くことになり、本日工事となりました。

「自然災害の被害かどうかわからない」というお客様も沢山おられると思いますが、その点に関しましては弊社日本建宅では直近の自然災害を全て把握させて頂いているので、弊社が行っている無料調査をさせて頂きましていつの自然災害で起きた被害かそれとも経年劣化などで起きた被害かの総合的なご判断させて頂きますのでご安心ください。

本日の施工

本日のケースは、2階の2面のみの軒樋工事でありました。
先の写真にもあったように、軒樋の被害が大きかったので、今回は金具の数を増やし強度を
高める施工にしました。雨水を正確に集水器に流すため、金具の高低差も意識しながらの施工でした。
時折、水平器を使いながら、水が流れるかどうか確認して、気を緩めずに施工させて頂きました!!!
滋賀県東近江市能登川付近 火災保険適用工事 完成写真

屋根や雨樋、外壁の無料修繕工事

本当に屋根や雨樋、外壁部分を自己負担なく修繕できるのか?
疑問に思っているとは思いますが、今まで火災保険に加入しており、
一度も申請されてないのであれば是非一度ご相談ください!

お客様一人一人に専門のスタッフがお付きします。
些細なことでもなんでもご相談ください。