彦根市にお住まいの方ご依頼多数!自己負担なし台風被害工事開始

日本建宅では自然災害で受けられた被害に関しては、完全自己負担なく修理修繕が可能になっております。
滋賀県彦根市にお住いの方で、積雪被害で火災保険会社に一度も申請されていない方、または申請方法がわからない方は
日本建宅で行なっている無料調査をぜひ一度利用してみてください。

2018年:台風21号での被害

2018年に近畿地方を襲った台風21号の被害で彦根k様邸が酷く破損しました。

1.屋根瓦が何枚か飛び、その影響で家の中に雨漏りが発生。
2.外壁漆喰が台風21号の時の強風耐えきれず、めくれ上がる。
3.風よけ部分が台風21号の強風の影響で完全破損。

➡この3つの2018年の台風21号の影響で大きく被害受け、凄くk様邸は凄く困っておられました。

日本建宅へのご依頼経緯

今回の彦根k様邸からのご依頼に至った経緯として2018年に台風21号の影響で屋根が大きく被害を受けてすぐ近くの工務店に火災保険で自己負担なく修理のご依頼をしたみたいなのですが、その工務店さんが火災保険屋さんへの損害を受けた時の申請の方法が分からずに年間ほどそのままにされていたみたいです。

で、今回弊社日本建宅が実施している火災保険自己負担工事を前提とした無料調査を行っているのと、火災保険屋さんへの申請のサポートもさせてもらっているのをホームページ見て頂き、是非20108年の台風21号の被害で損害を受けた屋根を是非見てほしいという事でご依頼を頂きました!!

彦根k様邸の実際の被害写真

1:玄関前被害写真
彦根市屋根台風被害 2018年台風21号 火災保険工事 火災保険自己負担なし工事 ja共済火災保険共済金 
→台風21号の強風の影響で瓦が完璧にズレてしまい雨漏りの大きな原因になっています。
割れた破片も雨樋などに落ちてしまい雨樋に穴が空いてしまったりもしていました。

2:別館被害写真

→台風21号の強風の影響で瓦が剥がれて2年間そのままにしておられたので、屋根が腐り1枚目同様に雨漏りが発生していました。

3:雨漏り被害写真

→これが瓦が台風の影響で剥がれて家の中に雨が漏れている写真です。2年間も雨漏りがしていたので壁が腐り穴が空き床に雨水がたくさん垂れていました。

今後の流れ

彦根市k様のご加入されている火災保険屋さんに申請のサポートもさせてもらいしっかりと工事費用も降りたので、台風で被害が出ている屋根瓦をしっかりと自己負担なく修理修繕を行いたいと思います。

今後も彦根市k様邸の工事完成のご報告も随時させて頂きますのでブログのチェックどうぞよろしくお願いします!!

あと私達、日本建宅にご依頼が多数寄せられています無料調査の方もスピード感をもってご対応させて頂きますのでのでお気軽にご相談ください!!